logo

音あそび実験室とは?

身のまわりにあるモノや、日常生活のなにげないコトから、どんな面白い音や音楽が生まれてくるだろう?! 音あそび実験室は、楽しみながら音にふれて音とあそぶ、創造的な音楽の時間です。 音楽家・音楽療法家のコヒロコ(小日山拓也+三宅博子)が2013年9月より1〜2ヶ月に1回、芝の家にてワークショップを開催しています。

コヒロコ

即興演奏を中心にさまざまなバンドでの演奏活動や創作楽器づくりを行うアーティスト・小日山拓也と、音楽活動とコミュニティとの関わりに興味を持って実践・研究を行う音楽療法家・三宅博子が、東京都内のコミュニティ音楽プロジェクトを通じて出会い、活動を開始。2014年「コヒロコ」というユニット名を考えつき、いつのまにか正式名称となる。「芝の家・音あそび実験室」をはじめ、保育園や障害者施設、地域交流スペースなどでのワークショップ、演奏を行っている。

Cu4E3BLUEAAKnHx

小日山拓也

東京藝術大学油画専攻卒。new jazz syndicate、secret colors、鮪、千住ちんどんなどのグループで自作楽器を含む即興演奏に取り組む。だじゃれ音楽研究会メンバー。

三宅博子

音楽療法、コミュニティ音楽、即興音楽などの領域を行ったり来たりしながら、多様な人々が共に生きることと音楽との関わりに関心を抱いて実践・研究を行っている。音楽療法士として、障害のある人や高齢者などとセッションを行う。また、音遊びの会、千住ちんどん、だじゃれ音楽研究会などで、即興をはじめとする演奏に取り組んできた。明治学院大学非常勤講師。元NPO法人多様性と境界に関する対話と表現の研究所スタッフ。 illust

copylight   @ HIROKO MIYAKE  2020